人見知りではあるけどシャイとは違う

 

もう何度もブログでも書いてますが


僕は人見知りなんです。






一口に人見知りとはいってもいろんなタイプが存在するでしょ?


僕の場合人見知りではあるけど


いわゆるシャイ(恥ずかしがり屋)とは違うんですね。








多くの方が「僕は人見知りなんです」っていうと


「シャイなんだね」って言われるんですけど


そうではないです。







僕にあったことがある人はわかると思うけど


挨拶や世間話はできるし


それなりに協調性はある(つもり)し


ただ自分から距離を縮めるのはすっごく苦手で


年頃のころには恥ずかしさもありましたが


今は特に恥ずかしさはないです。






僕の場合の人見知りは主に初対面の人に発動します。





発動してしまうと


・口数が少なくなる


・視線を合わせられない


・極端に緊張してしまい顔が引きつる


・笑顔が出ない


そんな症状です。



接客業にとって致命的じゃないですか 笑









初対面でグイっと相手の懐にも入っていけないですし


べらべらと自己表現もできないです。






ただ間違ってほしくないのは「嫌い」ではないんです。


「嫌われたくない」が先走って緊張してるんです...





だからすごく人見知りが発動すると”気を使う”んですね。





友達の友達が”他人”になっちゃうし
(第三者がいるだけで会話ができない)

会話中も頭の中は次の会話のシミュレーションでぐるぐるだし
(結果何も言葉にできなくなる・・)

買い物行っても店員さんに話しかけられるのは非常に苦手で...
(見たいものがあってもすぐに店を出てしまう・・)





そんな内面は、なかなかにややこしくて


せっかく打ち解けて距離感が縮まっても


少し会わない期間が続いて間ができると


また、変な緊張感が生まれてしまい


久しぶり会っても


「そっけない」「無愛想」「なんか感じが違う...」


そんな風に言われることもよくあります。


ほんと誤解しないで〜(泣)







42歳にしてこの性格は”どうにかせんといかん”


とは思うものの、長年染みついた性格がそんなに簡単に変わるものでもなく


笑顔の練習を鏡に向かってしてみるも


映った顔は引きつり笑いで気味が悪いだけなんで


諦めます。






あ〜ほんと、いろんな人と積極的に関わっていける人が


うらやまし〜。




社交的にいろんな人にかかわれる自分を想像しながら


美容道に打ち込みますわ。











じゃあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント